RABZOMBIE

www有りを無しにリダイレクトして統一【Cloudflare編】

2020年12月09日

タグ:Cloudflare

www有りを無しにリダイレクトして統一【Cloudflare編】
目次(クリックして開閉)

前回はブログのURLにwww付きでも無しでもアクセスできるように、Cloudflareでわざわざ設定しました。https://rztest.spacehttps://www.rztest.spaceどちらのアドレスにアクセスしても同じページが表示されます。

GitLab PagesでCloudflare CDNを使用する方法

しかし、SEO的にはwww有り無しはどちらかに統一したほうが良いとされています。

wwwあり・なしを統一するべき理由と設定方法について|SEOラボ

曰く、グーグルからの評価が分散する。

曰く、被リンクが分散する。

曰く、重複コンテンツとみなされるかもしれない。

重複コンテンツについてはグーグルのアルゴリズムも賢くなってるから大丈夫、という見解も有りましたが。

いずれにせよブログを始めるなら早い段階でwww有り無しは統一したほうが良さそうです。

方法としては「.htaccess」ファイルを編集するのが一般的です。検索してもほとんどの記事がこの方法です。ところがGitlab Pagesでは「.htaccess」が使えません。

その場合、グーグルサーチコンソールを使うのがほとんどの記事の結論です。デメリットはグーグル検索エンジンにしか効果がないこと。とはいえ、Yahoo! Japanもグーグル検索エンジンを使っているので、日本国内でのカバー率は非常に高いのですが。

今回、私は第3の選択肢を採用したのでメモしておきます。

Cloudflareの「ページルール」機能を使う方法

「ページルール」機能ではURLの転送が可能で、301リダイレクトできます。うれしいことに無料枠でも3つまでルールを設定できます。

設定方法は以下のとおりです。ドメイン名などは適宜読み替えてください。

  1. Cloudflareにログインし、対象ドメインの管理ページに入ります。
  2. 下図上部、①漏斗のようなアイコンをクリックし、「ページルール」設定ページに移ります。
  3. ②の「ページルールを作成」ボタンをクリックして編集ページヘ移ります。

図1

編集ページでは以下のように設定します。

  1. 下図①欄にwww.rztest.space/*と入力。
  2. ②欄では「URLの転送」を選択します。
  3. ③欄で「301 - 永久リダイレクト」を選択。
  4. ④欄にhttps://rztest.space/$1と入力。
  5. ⑤保存ボタンをクリックして完了です。

図2

さあ、試してみましょう。

ブラウザでhttps://www.rztest.space/post1にアクセスすると。。。

期待通りhttps://rztest.space/post1に転送されました。

以上、Cloudflareの「ページルール」機能を使ってwww有りを無しに統一する方法でした。

やり方さえ分かってしまえばGUIなので「.htaccess」よりも簡単かも知れませんね。

リンク

参考

アイキャッチ画像素材


Profile picture

著者: ラブゾンビ フリーとオープンソースを愛するゾンビ。泥沼の住人。